【算定基礎届】70歳・75歳以上の社員さんについて。

【算定基礎届】70歳・75歳以上の社員さんについて。

フルタイムで働いていても、70歳になると、厚生年金の資格を喪失します。
また、75歳になると、健康保険の資格を喪失します。
そういった70歳以上・75歳以上の社員さんの算定基礎届の提出は必要でしょうか?

結論から申し上げますと、提出が必要になります。
厚生年金保険料や健康保険料が掛からなくなっても、
在職老齢年金の金額の算定に、算定基礎届が使われるためです。

在職老齢年金とは、簡潔に申し上げますと、
働きながら、老齢年金を受給している場合、
報酬に応じて、年金額を減額するものです。

受給する年金額に関わりますので、忘れないようにしましょう。


賞与支払届も同様に提出が必要になります。

※上記は、協会けんぽでの、取り扱いとなります。健保組合の場合は、異なる可能性があります。

その他、算定基礎届の作成でわからない点は、
社会保険労務士へご相談ください!
メッセージフォームは24時間ご利用可能です!


CONTACT


社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

TEL: 03-6657-5915
MAIL: info1@sr-str.jp


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


PAGE TOP