【算定基礎届】定時決定の保険料はいつから反映?

【算定基礎届】定時決定の保険料は、いつから反映?

算定基礎届は、
例年7月1日から7月10日までに提出をします。

提出が終わりホッと一息、というところですが、
後ほど届く決定通知書をもとに、社会保険料額の確認をする必要があります。

変更月は、何月からになるのでしょうか。
定時決定の保険料は、いつから反映?

算定基礎届の適用年月は、9月!

さて、何月から変更?ということですが、
算定基礎届による社会保険料額の変更月は、9月となります。
決定通知書にも書かれていますので、ご確認ください。

通常、社会保険料は、翌月に控除されているはずですので、
実際に、お給料からの控除につきましては、一か月ずれることになります。

※当月で控除されているときは、その月からの変更となります。

まとめますと。。。

算定基礎届の保険料は、9月から適用され、
お給料の控除額は、10月支給分から反映。

という形になります。
算定基礎届の適用年月は、9月!

月額変更届を提出した人は、給与計算要注意!

7月、8月、9月で、
月額変更届(随時改定)により標準報酬月額が変更されている人は
算定基礎届の対象外となります。

算定基礎届と両方を提出していても、
月額変更届で決定された標準報酬月額が優先されます。
給与計算をする際は、お気を付けください。
月額変更届を提出した人は、給与計算要注意!

CONTACT


社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

TEL: 03-6657-5915
MAIL: info1@sr-str.jp


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


PAGE TOP