国民年金のお得な上乗せ制度!付加保険料

国民年金のお得な上乗せ制度!付加保険料

国民年金保険料は、毎年約16,000円と全国で一律になっています。(令和3年度は16,610円)

納付が難しいときなどの免除制度はありますが、受け取る年金を増やしたくても保険料を増額することはできません。

そこで保険料の上乗せとして、付加保険料の制度を利用することができます。

400円の付加保険料を納付すると、年金額が200円アップします

付加保険料の制度を簡単に申し上げますと、通常の保険料にプラスして付加保険料を納付すると、年金額が増額されるという制度です。

具体的な金額を申し上げますと、400円の付加保険料を納付するごとに、年金額が200円アップします。

つまり、年金を受け取り始めて2年で、納付した付加保険料分が回収できるということになります。

金額は、あまり大きな額ではありませんが、とてもお得な制度です。

一方、デメリットとしては付加保険料は老齢基礎年金に上乗せされるものとなることです。

若いうちから付加保険料を納付していても、老齢年金の受給年齢になるまでは受け取ることができません。

付加保険料は、メリット・デメリットを比較の上ご検討ください。

付加保険料を納付するには、申込み手続きが必要です。

付加保険料を納付するためには、手続きが必要になります。

お住まいの市区町村役場か、管轄の年金事務所で手続きができます。

郵送でも手続きは可能です。

注意点は、付加保険料は遡って申し込みができないということです。

例えば令和3年1月に付加保険料の申し込みをすると、令和3年1月分からしか、付加保険料を納付できません。

遡って、付加保険料に加入をして、令和2年以前の保険料の納付できないことになります。

付加保険料の納付をお考えの際は、加入時期にお気を付けください。


国民年金の付加保険料のお手続のご依頼・ご相談は➡メッセージフォームよりお待ちしています。

CONTACT


秋葉原の社労士
社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒101-0027
東京都千代田区 神田平河町1番地 
第3東ビル5F

MAIL: info1@sr-str.jp
メッセージフォームは、コチラ


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


PAGE TOP