採用の時、労働条件通知書は、必要?何を書けばいい?

お給料だけじゃダメ?労働条件通知書とは?

従業員さんを採用するとき、お給料をはじめ様々な労働条件を伝えます。

このとき、通知をしなければならない内容が労働基準法で決められています。

このページでは、労働条件通知のポイントを解説いたします。

必ず明示しなければいけないことは、7つ


まずは、必ず明示しなければならないことです。
絶対的明示事項と呼ばれています。


  1. 契約期間に関すること
  2. 期間の定めがある契約を更新する場合の
    基準に関すること
  3. 就業場所、従事する業務に関すること
  4. 始業・終業時刻、休憩、休日などに関すること
  5. 賃⾦の決定⽅法、⽀払時期などに関する
    こと
  6. 退職に関すること(解雇の事由を含みます。)
  7. 昇給に関すること


これらの7つは、必ず明示をしなければいけない内容になります。
更に、上記1.~6.までは原則、書面で交付するということが決められています。

どれも働くうえでとても重要な労働条件となります。


従業員さんを採用する際には、ご確認いただければと思います。

定めをした場合は明示する必要がある8つのこと。

次は、定めをした場合には明示をしなければならないことです。

労働基準法では8つの項目が提示されています。

  1. 退職手当に関すること
  2. 賞与などに関すること
  3. 食費、作業用品などの負担に関すること
  4. 安全衛生に関すること
  5. 職業訓練に関すること
  6. 災害補償などに関すること
  7. 表彰や制裁に関すること
  8. 休職に関すること

これらは、定めがあるときは従業員採用時に明示する必要があります。

例えば、退職金があるときは明示する必要あり。なければ必ずしも明示の必要はないということになります。

コチラは書面である必要までは、法律上は求められていませんが、できる限り書面での明示が望ましいと考えられます。

その他、労働条件通知書のご相談は
➡問い合わせフォームよりお待ちしています。

お問い合わせは、コチラより!


秋葉原の社労士
社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒101-0027
東京都千代田区 神田平河町1番地 第3東ビル5F 
(秋葉原昭和通り口から徒歩3分)

MAIL: info1@sr-str.jp
➡お問い合わせは、コチラより!


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


Instagram
(事務所周辺秋葉原の風景を投稿しています。)
Face book でも情報発信中





Twitter
PAGE TOP