会社を設立した時の社会保険は?

法人の場合は社長一人でも、社会保険加入義務

事業所が法人の場合は、従業員さんがいなくても
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入義務があります。
(報酬がない又は非常に少額の場合など例外有)

近年、国が未加入の法人の監督を強化しています。
指導や罰則の対象になってしまう前に、忘れずにお手続きをしなければなりません。

法人の場合は社長一人でも、社会保険加入義務

新規適用届、資格取得届を提出します。

社会保険の加入手続き(新規適用)に必要なものは以下の通りです。

  • 健康保険・厚生年金保険 新規適用届
  • 健康保険・厚生年金保険 資格取得届

以上の書類に、登記簿謄本などの添付書類と一緒に提出をします。

なお、被扶養者さんがいる場合は、
被扶養者異動届[国民年金第3号届]も一緒に提出することになります。

提出先は、年金事務所(年金事務センター)です。

提出期限は、成立から5日以内となっております。

新規適用届、資格取得届を提出します。

社会保険の加入手続きで不明な点は、社労士へご相談ください。

社会保険の加入手続きは、
事業立ち上げ後の最初の手続きになることも多く、
心配な方も多くいらっしゃいます。


また、社会保険料は将来の年金額に関わって来るので慎重な対応が必要です。
ご不明な点は、ぜひ社会保険労務士へご相談ください。

こちらの事務所ブログでも、手続きを解説させていただいていますので、ぜひご参考ください。


その他にも、事業を立ち上げて従業員さんを雇用した場合は、
労働保険の手続きなども必要になります。

そういった面も併せトータルでサポートいたします。

どうぞお気軽にご相談ください。

なお、定款の作成等の法人設立に関する手続きは、
行政書士業務となります。
仲良くさせていただいている事務所のホームページをご紹介いたします。
お困りの際は、ぜひご相談ください。
➡ 行政書士 青嶋事務所
社会保険の加入手続きで不明な点は、社労士へご相談ください。

CONTACT


秋葉原の社労士
社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒101-0027
東京都千代田区 神田平河町1番地 
第3東ビル5F

TEL: 03-5825-7557
MAIL: info1@sr-str.jp


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


PAGE TOP