ボーナス(賞与)の社会保険料はいくらだろう

ボーナス(賞与)の手取りはいくら?控除をお忘れなく!

賞与(ボーナス)を支給する際、社会保険と雇用保険の加入状況に応じて、
社会保険料(健康保険[介護保険]・厚生年金保険)と雇用保険料を控除する必要があります。

社会保険に関しては、例月の給与と控除額の計算方法が異なるので、特に
注意が必要です。

標準賞与額で社会保険料を算出!雇用保険料は、同じ料率で!

例月の社会保険料は、標準報酬月額を用いて、計算がされています。

一方、賞与の社会保険料は、
標準賞与額という数字を使って、保険料の計算を行います。
標準賞与額は、基本的には賞与の金額の千円以下を切り捨てた金額となります。


賞与の金額が、350,500円だった場合
➡標準賞与額は、350,000円となります。

この350,000円に保険料率を掛けて算出をします。

ただ、この標準賞与額には、上限が設定されていますので要注意です。
次の項で詳しく解説いたします。

雇用保険料に関しては、
例月の給与と同様に、支給額に雇用保険料額をかけて算出します。
上限額の決まりもありません。

【注意】健康保険(介護保険)、厚生年金保険で上限があります。

賞与の社会保険料を決めるための標準賞与額には、
上限金額が設定されています。

健康保険(介護保険)は、1年間の累計額が573万までと決まっており、
573万を超えた賞与については、保険料の対象となりません。
(この1年間は、その年の4月1日から翌年3月31日で累計します。)

厚生年金保険料については、
1ヶ月あたり150万円が上限となります。

CONTACT


社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号
浜松町ダイヤビル2F

TEL: 03-6657-5915
MAIL: info1@sr-str.jp


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


PAGE TOP