産休・育休に入る従業員がいます。(産前産後休業編)

産休・育休の前後は、さまざまな社会(雇用)保険の手続きが必要になります。

妊娠や出産をきっかけに休業に入る従業員さんは、少なくありません。

社会保険・労働保険では、給付金をはじめ、多くの制度があります。

このページでは、産休中のポイントをご紹介します。

育児休業編も併せてご参考ください。

産休・育休に入る従業員がいます。(育児休業編)
産休・育休の前後は、さまざまな社会(雇用)保険の手続きが必要になります。

産前産後休業は、いつからいつまで?

妊娠をした女性は、出産予定日の6週間前から産前休業を取得することができます。(多胎児を妊娠してる場合は出産予定日14週前)

ただし、産前休業は任意となっていますので、必ずしも6週間前から取得する必要はありません。
休業申出書等を用意して、休業期間を確認しましょう。

その後、出産日から8週間の産後休業を取得する必要があります。産後休業は産前と違い取得義務があります。(ただし医師の承認があれば6週間に短縮可能です)


産前産後休業は、いつからいつまで?

産休中の給付金や保険料免除の手続き

健康保険に加入していて要件を満たすと、産前産後休業中に出産手当金をいう給付金を受けることができます。
金額は、おおよそお給料の2/3です。(正確には標準報酬日額の2/3となります)
協会けんぽ又は健康保険組合へ出産手金申請書を提出します。

また、産前産後休業中は、社会保険料が免除されます。
日本年金機構へ、産前産後休業取得者申出書を提出しましょう。
健康保険組合に加入しているときは、併せて提出します。

その他、出産費用の補助として出産一時金が給付されます。
出産育児一時金支給申請書を提出するのですが、医療機関によっては、医療機関が直接、協会けんぽ(健保組合)に請求するため、本人さんの手続きが不要になることがあります。
医療機関へご確認をお願いいたします。
産休中の給付金や保険料免除の手続き

お問い合わせは、コチラより!


秋葉原の社労士
社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所


〒101-0027
東京都千代田区 神田平河町1番地 第3東ビル5F 
(秋葉原昭和通り口から徒歩3分)

MAIL: info1@sr-str.jp
➡お問い合わせは、コチラより!


【サービス提供地域】

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


Instagram
(事務所周辺秋葉原の風景を投稿しています。)
Face book でも情報発信中





Twitter
PAGE TOP